スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
PMX-003 THE-O
2006-10-21 Sat 22:08
今まで作ってきたモノの中で一番のお気に入りです。ま、えらく頑張りましたし…
この作品が自分の中でのピークの様な気がします。。。


THE-Otop
1t.jpg

2t.jpg

3t.jpg

4t.jpg

5t.jpg

6t.jpg

7t.jpg

8t.jpg

9t.jpg

これを造るきっかけになったのは東海村源八氏のジ・オの作例(モデグラNo.235)にいたく感動したからでしてディテール工作に関してはパクるうんぬんというよりも挑戦という感じでやりました。ただプロポーションに関しては少しでもあの作例と差別化するためにもアプローチを変えてみました。

全体の工作としてはジ・オにMG「マスターガンダム」のフレームを内臓させる感じで全体的なプロポーションを成形し、各所に流用パーツを使いあくまで手軽に「ここを何ミリ~」とか「ここはパテ盛って~」とかという作業は極力少なめにしました。ですのでジ・オのキットパーツ自体の形状を弄ったのは前腕2ミリ延長と隠し腕のカバー3ミリ延長+幅詰めとスタビライザー頭頂部をカットしてエポパテでスクラッチした程度です。しかし「重量感」、「ラスボスらしさ」を感じさせるような立ち姿には徹底的にこだわったつもりでいます。後は動力パイプをホームセンターで買ったマイクコードに変更と、全身にある50基のスラスターを全て開口(めっちゃ大変)とディテール、スジ彫りの追加です。
塗装、デカールは作例を参考にそれらしく。

■流用パーツ使用箇所■
・スタビライザーがあまりにも薄っぺらかったのでHG「Ex-Sガンダム」の膝パーツを加工して厚み増し。
・前腕インナーパーツにHG「ジンハイマニューバ」の両足に付いている増加ブースター(?)のインナーパーツを加工して使用。(イメージソースはモーターヘッド)
・手首の基部にあたるパーツにHG「ゼクアイン」の上腕パーツを加工して使用。(手首はHDM連邦用)
・バックパックに付いている羽(?)が妙に小さく感じたのでPG「エヴァンゲリオン」からそれっぽいパーツをチョイス。
・スネカバーにMG「ガンダムMk-Ⅱ]膝ユニットのパーツを埋め込む感じで。
・胸部の下側にPG「エヴァンゲリオン」のまたしてもそれっぽいパーツをチョイスして増加アーマーみたいな感じに。(イメージソースは小林誠氏のイラスト)
・肩はスラスターユニットを切り離しMG「マスターガンダム」の肩とそれをくっ付ける感じで。
・腹部はMG「マスターガンダム」の腹パーツを1センチ程延長したモノにHGメカニクス「ノイエ・ジール」の胸パーツを合わせ、エポパテにて形状修正。
・隠し腕はマシーネンクリーガーのジャンクパーツで適当にデコレート。


[あとがき]
この作品は「パクリ」であったり「流用パーツ、そのまんま」な部分が非常に多くあります。やはりそこらへんを考えるとどこか気持ちが晴れないんですよね。今後はそのへんも考慮しつつやっていこうと思います。…と言いつつ今やってるのも某作例に激しく触発されたモノだったりします。(えー)
別窓 | HGUC ジ・O | コメント:0 | top↑
<<AMX-004 QUBELEY | ケイティ3分モデリング | MS-18E Kampfer>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ケイティ3分モデリング |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。